出産をきっかけに関節リウマチに!育児と治療をがんばるママブログ

出産をきっかけに関節リウマチと診断された30代のママです。リウマチの事、体質改善のために実践している事、2歳児の育児の事などリウマチママの日常を綴っています。

原因不明の痛みや朝のこわばりから地獄の日々へ

スポンサーリンク

こんにちは!

 

rikoです^ ^

 

 

前記事の続きです。

 

▼前記事はこちら▼

 

 

仕事復帰

2015年9月末

約1年間の育休を終えて、職場に復帰しました。

 

とうくんは1歳なりたてで保育園児に。

復帰後は本当にハードな生活が待ってました。

 

 

4:30   起床  洗濯  3人分のお弁当作り  朝食準備  夜ご飯の下準備

 

6:30   旦那がとうくんを起こしてお着替え  とうくんと朝食  自分の身支度

 

7:30   家を出て、とうくんを保育園に預けてからダッシュで出勤

 

8:30〜15:45   仕事(時短勤務)

 

16:45   ダッシュでスーパーに行って、ダッシュで帰宅  夜ご飯の準備

 

17:30   ダッシュで保育園にお迎え

 

18:00    夜ご飯を食べてからお風呂  とうくんとコミュニケーション

 

21:00    寝かしつけ

 

21:30    旦那帰宅  旦那の夜ご飯と洗い物  明日の準備  片付け

 

23:00    就寝

 

 

こんな感じの毎日でした。

 

多分ワーママは大体こんな感じの1日だと思うけど、私はリウマチの初期症状が出てきてたから、疲れやすく毎日へとへとでした。

 

 

夜中にとうくんが泣いて起きる事もしょっちゅうなので、朝まで眠れる日は無し。

 

保育園に行き始めたとうくんもストレスだったのか、機嫌が悪くぐずる事もしょっちゅうで、就寝時間がずれ込むことも多く、毎日疲れ切っていました。

 

自分の時間なんてもちろん無いし、常に時計を見ながら時間に追われて、1日が終わっていきました。

 

 

この仕事復帰をきっかけにリウマチの症状が一気に出始めたように思います。

 

 

 2015年10月〜12月

保育園通園から1ヶ月くらいして、とうくんが毎週のように高熱を出すようになりました。

 

菌やウイルスに感染して高熱を出し、やっと治ってきたと思ったら、また別のものに感染。

 

それを繰り返していて、その度に仕事を遅刻して小児科へ駆け込み、実家に預けて出勤したり、とにかく必死でした。

 

高熱でぐったりしているとうくんを見て何度も泣きました。

 

 

そして自分の身体もボロボロに。

 

とうくんの菌やウイルスがうつったのか、同じように39度以上の高熱が1シーズンで4〜5回は出ました。

 

 

12月には3日間高熱が続き、4日目の朝に病院を受診したら肺炎になっていました。
CRP7.55で入院してもいいレベルと言われました。

 

でも入院はできないから、仕事を1週間休んで飲み薬で治療。


酷い咳でかなりしんどかったです。

 

肺炎になってもとうくんのごはんを作ったり、お世話はしないといけないので、なんとかこなしました。

 

 

その頃、手首の痛みも酷くなっていて、12月に勤務先の整形外科を受診して、手首のレントゲンを撮り診てもらいました。


関節に異常があり腱鞘炎では説明がつかないが原因は不明。


関節炎だから湿布で様子を見て、治らなければ補装具を作りましょうか、、、と言われた。


補装具なんか付けたら仕事も家事も育児も何もできないし、ありえない。

 

 

研修医上がりの若いドクターだったし、突き詰めなかった自分も悪いんだけど、この診察のせいで、自分は腱鞘炎を放置して関節炎になってしまったんやと思い込んでしまいました。

 

 

2016年1月

その後、また高熱が出て咳が酷くなりました。


勤務先の内科を受診しても風邪でしょうと風邪薬を出されるだけ。


酷い咳はもうずっと続いていて、仕事にも支障が出ていました。


その頃は呼吸器内科を受診して、レントゲン、CT、痰の検査、呼吸器の検査、喘息の検査、色々したけど、慢性気管支炎って事が分かっただけで、原因は不明。


咳止めを飲んで、何とか過ごしました。

 

 

2016年4月

手首の腫れも出てきて、痛みも酷く、手首が動かなくなってきて、日常の事がだんだんと出来なくなってきました。


ペットボトルをあける、包丁で根菜を切る、片手で水筒を持ってお茶を飲む、布団を畳む、など普通の事ができない。


朝は痛みとこわばりが強いから、キッチンに立っても何も出来なくなりました。


だから夜に出来ることは済ましておいて、朝は必死でとうくんのお弁当を作りました。


半年ぐらい前は朝に洗濯物を干せてたのに、そんなことは到底無理になっていました。

 


同じ頃に両膝と左足の中指の付け根辺りが痛くて、しゃがんだり立ち上がったりの動作が辛くなってきました。


手の支えがないと立ち上がれないけど、手首が痛いから支えるのもキツい。


とうくんのオムツ替えや着替え、お風呂など日常のお世話がかなり辛くなりました。


自分の着替えにもかなり時間がかかりました。
足指が腫れて痛い時はゆっくり左足を引きずりながら歩きました。

 


この頃は咳も治らないし、とにかくしんどくて朝も起きれないし、毎日異常に疲れきっていて、常にイライラしていました。

 

旦那とも喧嘩ばかりで、イヤイヤ期のとうくんを怒鳴りつけてしまったりもしました。
その度に自己嫌悪でひとりで泣きました。

 

 

▼続きはこちら▼

 

スポンサーリンク