出産をきっかけに関節リウマチに!育児と治療をがんばるママブログ

出産をきっかけに関節リウマチと診断された30代のママです。リウマチの事、体質改善のために実践している事、2歳児の育児の事などリウマチママの日常を綴っています。

リウマチが教えてくれた子供への想い

こんにちは!

rikoです^ ^



昨日の夜は大荒れの天気だったみたいで、朝起きたらバルコニーの観葉植物達が倒れてたり、ゴミが散らばったりで大変なことになってました!


でも今日はすごくいいお天気で、それだけでウキウキします^ ^


こんな日は仕事になんか行かず、とうくんと公園で遊びたいなぁ〜って思っちゃいますね。



今年は桜のタイミングで週末が雨だったりで、お花見に行けずでした。


せっかくとうくんに満開の桜を見せたかったのになぁ〜って両親に話してたら、先週の平日に両親がとうくんを連れてお花見に行ってきてくれました。


大好きなじいちゃんとばあちゃんと一緒に桜を満喫して大はしゃぎだったみたいです^ ^



眩しいくらいの桜!


ほんとに両親には感謝しかないです。


病気になる前の理想の自分


私は24歳の時に、結婚しても子供ができてもバリバリ仕事をしていたい!と思い、医療の資格を取るために勉強をして、受験をして、4年制の医療専門学校に入りました。

※参考記事



その時に結婚を考える相手がいた訳ではなく、先のことを考えずに趣味を楽しんでるだけの自分に、これではダメだ!と思うようになったんです。


社会人になってから学生をするって事は色々苦労もあって、4年間の間に本当に色々なことがありました。


でも、その間も子供がいても自信が持てる仕事を持ってて、バリバリ働く女性になるっていう目標を持って頑張りました。



そして28歳で無事に卒業し、国家試験にも合格して、晴れて総合病院で働くことになりました。


その後、勤務1年目で結婚をして、仕事と家事を両立させて、理想の自分に近づいたって思っていました。


その後、妊娠し出産。



1年間の育休が終わりに近づいてきても、仕事復帰することに、なんの迷いもありませんでした。


とうくんは可愛くて仕方ないけど、私には待っていてくれる職場があって、何よりも理想の自分になる目標がある。



とうくんにも頑張るママの姿を見てもらいたいって思っていました。



病気が気付かせてくれたこと

意気揚々と仕事復帰したものの、リウマチの初期症状がどんどんと現れて、思うように動かない身体や頑張れない自分にすごく焦りました。


※参考記事


追い討ちをかけるように、とうくんが毎週のように高熱をだしたり、自分も肺炎になったり体調を崩したりで、仕事を休みまくり、職場には迷惑をかけまくりました。


思い描いていた理想の自分とはかけ離れたものでした。


それでも迷惑をかけないようにと必死で無理を続けました。



そして復職から半年後には普通の生活が送れなくなり、その後リウマチの診断を受けました。



この必死だった半年間の記憶はほとんどありません。


あるのは、、、

とうくんが毎週高熱を出して小児科に通いつめたこと。

高熱でぐったりするとうくんを見て何度も泣いたこと。

とにかく自分の身体がしんどくて辛かったこと。

それぐらいだったんです。



1歳から1歳半の可愛い時期のとうくんの成長の記憶もとうくんと楽しく過ごした思い出もありませんでした。



リウマチ診断を受けてから、私は何をそんなに必死になってたんだろうってすっごく後悔しました。


本当に大事な我が子の成長を何も見れてなかった。


リウマチになった事で、自分を見つめ直すきっかけになり、そのことに気づくことができました。



私はバリバリ働くママの姿をとうくんに見てもらいたいのではなくて、とうくんの成長を私がしっかり見たいんです。



かけがえのない我が子との時間を一緒に過ごしたいと思うようになりました。




そして今は最大限に時短勤務を取り、少しでも長くとうくんと一緒に過ごす時間を確保できています。


気持ちにも余裕ができて、ゆったりとした気持ちでとうくんと向き合えてます。

(イヤイヤ期だからたまにイラッともしますけどねw)



病気が教えてくれたことって大きいですね。




今日も読んで頂いてありがとうございました^ ^

ランキングに参加してます★
良ければ1ポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 病気ブログ リウマチへ
にほんブログ村


関節リウマチランキングへ


また遊びに来てね^ ^

スポンサーリンク