出産をきっかけに関節リウマチに!育児と治療をがんばるママブログ

出産をきっかけに関節リウマチと診断された30代のママです。リウマチの事、体質改善のために実践している事、2歳児の育児の事などリウマチママの日常を綴っています。

リウマチ2年生になりました。

こんにちは!

rikoです^ ^



昨日は『母の日』でしたね。


我が家は昨日、パパととうくんが朝から遊びに行ってて、私は久しぶりに家でのんびりしました。


そして夕方、とうくんが帰って来るなり
「ママいつもありがとう!」ってママの大好きなお店のケーキを買ってきてくれました^ ^

すごく嬉しくて、とうくんを抱きしめながら
「とうくんありがとうー!」って言うと
「どういたちまして!」って。


改めて成長したなぁ〜と感慨深くなりました。


1年前の『母の日』

私、『母の日』はちょっと思う事がありまして。


というのも、昨年の『母の日』に、初めてリウマチの疑いを指摘されたんです。


参考記事


接骨院でリウマチを疑うと言われて、初めてリウマチという言葉を検索しました。


そして、どんよりとした気持ちで家に帰ると、サプライズでパパととうくんがカーネーションをプレゼントしてくれました。


あの時はとうくんもまだ1歳8ヶ月で、パパに言われて
「どーじょ!」ってカーネーションを渡してくれました。


その時もすごく嬉しかったけど、頭の中はリウマチの事で不安でいっぱい。


心から笑顔で喜ぶことができなかったんです。


『母の日』から数日後に、リウマチ科クリニックで、リウマチの診断を受けました。




あれから1年。


本当にあっという間でした。


不安で辛いどん底の日々を乗り越えて、今があります。


前向きに考えられるようになって、8月に治療がスタートして、その時は2年後の体調や薬の効き具合で、第二子を考えようと先生と相談して決めました。


治療スタートからまだ1年も経っていないけど、体調も大きく崩す事なく、数値も順調によくなっています。


私、基本的に数値はあんまり気にしていないんです。


数値で一喜一憂して振り回されるのが嫌だし、数値はあくまでも数値で、体調は数値では測れないって思ってます。


でも先生に「順調に数値が下がってて、良くなってきてるよ」って言われると、やっぱり嬉しいもんですね。




最近とうくんが、ビデオで撮っている自分の映像を見るのがお気に入りで、1年前の映像とかもあって、この前一緒に見てたんです。


そしたら、1年前の映像に出てくる自分の姿が、ビックリするくらい疲れきってて、顔色も悪くて、見るからにボロボロだったんです…。


確かに1年前の春頃はリウマチ診断を受ける前で、関節の痛みと慢性気管支炎で、常に痛みを我慢しながら思うように動かない体で生活してて、咳も止まらずで疲弊しきってました。


改めてその頃の自分を見ると、昨年の冬から春にかけてのひどくしんどかった事や、痛くて辛くて精神的にもすごくキツかった事がフラッシュバックして、なんとも言えない辛い気持ちになりました。


でも色々あったけど、あのしんどかった日々からたったの1年で、こんなに元気に前向きになるものなんだなぁとしみじみ思いました。


今年の映像は、来年の『母の日』にどういう気持ちで見るのかな?


「今の方が元気で健康やね〜」って言えてたらいいなぁ^ ^



これから先も焦らずのんびりとリウマチと上手に付き合っていけたらいいな。


もちろんいつかは治ると信じて!!


最後まで読んで頂いてありがとうございましたm(_ _)m


リウマチ2年生も前向きに頑張ります^ ^





今日も読んで頂いてありがとうございました^ ^

ランキングに参加してます★
良ければ1ポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 病気ブログ リウマチへ
にほんブログ村


関節リウマチランキングへ


また遊びに来てね^ ^