出産をきっかけに関節リウマチに!育児と治療をがんばるママブログ

出産をきっかけに関節リウマチと診断された30代のママです。リウマチの事、体質改善のために実践している事、2歳児の育児の事などリウマチママの日常を綴っています。

【リウマチ治療と妊娠について】旦那や主治医と話し合った結果

スポンサーリンク

こんにちは!


rikoです^ ^



先週、月1回のリウマチ科受診がありました。


そこで主治医と妊娠についての話をしました。



2人目について

最近2人目の事をよく考えるようになりました。


その理由としては、、、

・体調が良いので、気持ちに余裕がある。

・年齢や体力的な焦り(もうすぐ37歳)

・息子がだいぶしっかりしてきた(もうすぐ3歳)

・前々から兄妹の年齢差は4歳差が理想


そして、今までは周りの友達に2人目が出来たりしても、自分も欲しいと思うことがあまりなかったっていうか、まだ考えられなかったけど、最近は赤ちゃん良いなぁ〜って素直に考えられるようになりました。


ただリスクの事を考えてしまうと、やっぱり無難に1人っ子でいいかなと思ってしまう自分もいます。


妊娠中や出産後にリウマチが一気に悪くならないかな…。


赤ちゃんのお世話は手首使いまくりの体力勝負だけど、そんな事できるかな…。


そして何よりも子供への影響が心配です。


私は血液検査で抗SS-A抗体が陽性だったため、2パーセントの確率で胎児に心ブロック(心臓の電導路の障害)がでるそうです。


その場合は、ペースメーカーが必要になるそうです。


リスクを考え出すとキリがありません。



旦那と2人目について話し合ってみた

私の身体の事よりも何よりも、お互いが2人目についてどう考えてるかをまず話し合っておかないと前に進めないと思い、旦那と話し合いをしました。


私の考えをまず伝えました。


2人目はいればハッピーだけど、やっぱり不安がかなり大きいこと。


でも年齢的にあまり先延ばしにはしたくないということ。


旦那の意見は、、、


・自分だけの考えでは2人目は欲しい。

・でも病気のリスクを抱えて産むのは私だから、不安ならひとりっ子でもいい。

・子供への影響は、母体が健康であってもわからないものだから、考えるのはやめよう。

・この先数年のことだけを考えるんじゃなくて、もっと先のことまで考えて決めてほしい。


旦那はこんな感じの意見でした。


確かに私の不安は妊娠中や出産直後のことばっかりでした。


でも旦那はそこよりもその先の方が長いから、その先のことを考えようと言ってました。


確かにそうですね。


妊娠中や出産直後の数年なんて、長い人生で考えたらほんの一瞬なのかもしれません。



現在の私のリウマチの状態

ここ最近は関節が腫れたりする事もなく、リウマチは落ち着いている様です。


気圧の変化や疲労で痛くなることはありますが、生活に支障が出ることはありません。


ここ何ヶ月もCRP(炎症反応)はほぼゼロ、MMP-3(関節破壊の進行を示す値)は今年4月から正常値。(←MMP-3は6月の結果が最後。それ以降は調べていないようです。なんでやろ?)


リウマチ発症からの血液検査の結果はコチラ↓↓↓



今は自覚的にも血液検査の結果もリウマチは落ち着いているような感じです。



主治医に妊娠について聞いてみました

とりあえず今はリウマチが落ち着いているので、妊娠を考えても全然大丈夫!とのことでした。


妊娠〜出産までの薬の選択肢としては、、、


1.メトトレキサートをやめて、ステロイドだけで痛みのコントロールをする。


2.メトトレキサートをやめる前に生物学的製剤のシムジアを併用してから、メトトレキサートだけをやめる。


このどちらかになるようです。


どちらにしても、関節の変形の進行具合を診てからになるから、次回の診察で関節の各部位のレントゲンと肺のCTを撮ることになりました。



まとめ

2人目については不安は残りますが、以前より前向きに考えられるようになりました。


っていうか、そもそも妊娠出来るかもわかりませんしね^_^;(←1人目は不妊治療してます)


私のリウマチと妊娠についての戦いは、これからも続きそうです。



今日も読んで頂いてありがとうございました^ ^

ランキングに参加してます★
良ければ1ポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 病気ブログ リウマチへ
にほんブログ村



関節リウマチランキングへ


また遊びに来てね^ ^

スポンサーリンク