出産をきっかけに関節リウマチに!育児と治療をがんばるママブログ

出産をきっかけに関節リウマチと診断された30代のママです。リウマチの事、体質改善のために実践している事、2歳児の育児の事などリウマチママの日常を綴っています。

【2歳の子連れキャンプ】初めての家族キャンプ体験

スポンサーリンク

こんにちは!


rikoです^ ^



お盆休みに2歳児を連れてキャンプに行ってきました!


不安もありましたが、行ってみると想像以上に良かったので、まとめてみようと思います^ ^

2歳児を連れて家族だけで初めてのキャンプへ!

先日、旦那がキャンプに行きたい!っと言い出しました。


っていうのも、旦那は20代の独身の頃に友達大勢で毎年お盆休みにキャンプに行っていたようです。


私は父がアウトドア好きで、子供の頃に毎年夏休みになると家族でキャンプに行ってました。


なので、キャンプに対しての抵抗は無かったんですが、家族だと大人が2人で2歳児もいて、私は息子の面倒を見ないといけないから、ほぼ1人で動くことになるけど大丈夫!?っていう感じでしたが、「いける!いける!」と旦那……。


まぁ、旦那がそういうなら〜とキャンプ場の予約などもおまかせしました^ ^


そして直前にテントやバーベキューに必要な物を買い揃えて、いざ出発!


和歌山【大塔青少年旅行村】へ

今回選んだキャンプ場はコチラ。

大塔青少年旅行村|自然豊かなキャンプ村 | 和歌山県田辺市


こちらの施設はテントの側まで車を乗り入れることができるので、とても便利でした。


施設内にバンガローも沢山あるので、テントに抵抗がある方はバンガローでも、十分キャンプ気分が味わえそうでした。


キャンプやバーベキューに必要な物のレンタルも充実していました。(テントのレンタルはありませんでした)



キャンプ1日目

お盆休み中なので渋滞の可能性を考えて、朝の7時頃に出発しました。

朝食は手作りサンドイッチを持参して、車の中で。


渋滞は意外と少なかったので、移動時間は3時間半程でした。ラッキー!


キャンプ場に行く前にスーパーで食材や飲み物を買い、持参したクーラーボックスへ。


お昼前にチェックインして、とりあえずパパは1人でテントを張り、私は息子と施設内を散策。


少しして戻るとテントが出来上がっていました〜!

今夜の寝床なかなか良いやーん!と3人でハイテンション!笑


その後、バーベキューの準備。

パパは火起こしを頑張ってました。


私は息子と一緒に野菜を切ったり、テーブルのセッティングをしたり。


飯盒炊爨も上手くできて、昼食バーベキュースタート。

すっごく美味しくて、息子も沢山食べました。


片付けが終わると、川へ。

息子もかなり楽しんでいました。


夕食はパパ特製の焼きそば。

お酒とジュースで乾杯!

星を見ながら食べる焼きそばも最高でした。


夕食後は花火。


夕食後の片付けも全部パパがやってくれました。感謝。


そして、川の音や虫の鳴き声を聞きながら就寝。


息子はお昼寝もせずだったので、朝までぐっすりでした。



2日目

朝食はインスタントラーメン。

パパが朝早く起きて、火起こしをして作ってくれました。

インスタントラーメンは普段絶対食べないけど、キャンプだとインスタントラーメンでも絶品なのが不思議。笑


起きてすぐから川行きたい!と言ってた息子と朝から川遊びへ。

川遊び後にテントなどを片付けて、チェックアウトしました。


今回、キャンプを和歌山にしたのは、白良浜で海水浴をしたかったからなので、白良浜海水浴場へ向かいました。


が!

白良浜海水浴場はすごい人!

砂浜はすでにタープで埋め尽くされていました。


これでは子連れにはちょっと大変かと思い、急きょ白良浜の隣の臨海裏海水浴場へ行きました。


小さな海水浴場だけど、人も少なくのんびりできました。

海もとっても綺麗でした。


その後、とれとれ市場へ。

南紀白浜の海鮮市場「とれとれ市場南紀白浜」

海鮮物を堪能して、帰宅しました。


帰りはやっぱり渋滞していて、5時間近くかかりました。

初めての家族キャンプは大成功!

最初は不安もあったキャンプだけど、本当に楽しかった〜!


息子も色々と体験できてとってもいい思い出になったみたいです。


これも全部、パパがテントや食事の準備や片付けを全てやってくれたおかげです。感謝。


また来月の連休もキャンプ行こう!と張り切っている我が家でした^ ^



今日も読んで頂いてありがとうございました^ ^

ランキングに参加してます★
良ければ1ポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 病気ブログ リウマチへ
にほんブログ村



関節リウマチランキングへ


また遊びに来てね^ ^

スポンサーリンク