出産をきっかけに関節リウマチに!育児と治療をがんばるママブログ

出産をきっかけに関節リウマチと診断された30代のママです。リウマチの事、体質改善のために実践している事、2歳児の育児の事などリウマチママの日常を綴っています。

リウマチ患者が妊娠を考える。最大のリスクはリウマチの悪化ではなく肺炎だった。

スポンサーリンク

こんにちは!


rikoです^ ^



あっという間に10月になってしまいました。


風邪を引いたり、保活をしたり、息子の転園があったり、イベント続きで9月はバタバタと一瞬で過ぎ去ってしまいました(ー ー;)


今日は先月のリウマチ科受診での妊娠についての話をまとめておこうと思います。


※今日は少しネガティブな内容なので、苦手な方はスルーして下さい。


旦那と一緒に受診

今回の診察は旦那が妊娠についてのリスクをもう一度聞きたいという事だったので、一緒に受診しました。


旦那が気にしていたのは、妊娠・出産する事で、どれぐらいリウマチが進むのか?
変形する可能性が高いのかってところでした。


もちろん私もそこは気になるけど、、、


リウマチって、、、いやリウマチに限らず病気って、人それぞれ症状も違えば、進行具合も違うし、妊娠・出産したらどうかとか、それって誰にも予測がつかない事なんじゃないの?って思ってました。


だから、すごく進行する可能性がある事もふまえて考えないといけないんじゃないかなって。


旦那にもその事は伝えたけど、あまり納得されず。

確率とかどれぐらいの可能性とかでないと納得しない男性的な考えです。


そんな感じで診察室に入りました。


心配すべきはリウマチじゃない!?

診察室に入って、挨拶をした私のかすれ声に先生が反応しました。
(この日は2週間前から風邪を引いてて、微熱と酷い咳が続いてました。)

※参考記事


主治医「また風邪やね。とりあえず診察は後でするんで…。

ご主人さん、今日は聞きたい事があるそうですがどういった事ですか?」


旦那「妊娠・出産に関してのリスクをもう一度確認したいです」


主治医「まずはリウマチに関してはリウマトレックスを辞めても、生物学的製剤(シムジア)を使えばある程度抑えられます。

妊娠・出産をする事で、変形して動かなくなったり日常生活が送れなくなるという事は、まず無いでしょう。

今はシムジアって良い薬があるから、心配すべきはそこでは無い。


それよりも風邪を引いて、肺炎を起こす事の方がリスクが高い。

あなたの場合は肺に結核のような炎症が常にあって、風邪を引くとそれが悪化する。

さらに副鼻腔炎もあるから、風邪を引くと副鼻腔炎も悪くなり、肺炎を引き起こしやすくなっている。

妊娠中に肺炎になると、レントゲンやCTを撮れない。

そうなると症状だけで判断して、妊娠中でも飲める抗生剤を飲む事しか出来ないから、悪化した場合に妊娠を諦めて、治療をしないといけないという事も考えられる。


そこまでのリスクを考えて、それでも妊娠を希望するなら応援するけど、、、

もしも自分の家族だったらと考えたら、私なら妊娠はやめておきます。

今、子供がいないならともかく、1人いるならもういいのでは?」


こんな感じで、聞きたかった事ほぼ全てを一気に説明してくれた先生。


自分の家族ならってところ、、、私、最後に聞こうと思ってました。


実際どのくらいリスクがあるのか、この質問が一番よくわかるかなと思ってたけど、先に言われちゃいました。


実際には、もっと沢山の事を一気に話されたので、私も旦那もそれ以上の質問が出てきませんでした。


『精神的に弱い』扱いに心がざわつく

今回、主治医との話の中で、なぜか私は『すごく精神的に弱い人』という扱いをされている感じがしました。


会話の端々に「あなたには耐えられないでしょ?」とか「あなたは精神的に無理でしょ?」とか。


旦那も同じように感じたようです。


主治医は私の何を見てそう思ったのかな〜と不思議になりました。


そもそも私は主治医に自分のことをあまり話してませんし、リウマチもわりと順調にきてたから、診察はいつも5分ぐらい。


基本的に私は自分で何でも調べるタイプなので、質問もあまりした事がありません。


だから『精神的に弱い人』扱いに疑問しかありませんでした。


確かにすごく強い人ではないけど、そんなに弱い訳でもなく普通だと思うんだけどなぁ〜。


「出産後は一気に悪くなりますか?」と私が質問した時も、「悪くなるけど、そんな事を気にしてる様じゃあ妊娠なんて到底無理。
自分の手の変形を気にしてるレベルでは、妊娠を乗り越えられるとは思えない。
まずは出産まで持っていけるかどうかでしょ」と、ちょっと呆れ顔。


私が甘いのかな。


自分の手の変形を心配してるというか、新生児のお世話がちゃんとできるのかとか、息子の育児もあるから、そこの心配なんだけどね。


なんなんでしょうかね。このモヤモヤが残る感じ……。


まとめ

今回聞いた出産のリスク

・リウマチは酷くなっても、薬で抑えられるはず


・妊娠中に風邪を引いて、悪化して肺炎を起こすと、優先して肺炎の治療をしないといけないので、流産や早産になる可能性がある


・無事に産まれても心奇形の可能性がある
(抗SSーA抗体が陽性のため)


旦那とも話し合いましたが、すぐには答えが出るはずもなく、少し時間をかけて考えようという事になりました。


一進一退の妊娠に向けての話ですが、どちらにしても後悔のない様にしっかり考えたいと思います。



今日も読んで頂いてありがとうございました^ ^

ランキングに参加してます★
良ければ1ポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 病気ブログ リウマチへ
にほんブログ村



関節リウマチランキングへ


また遊びに来てね^ ^

スポンサーリンク